y o m u : n e l

2 0 2 0

4月のある晴れた朝に

風が強いけれど、気持ちよく晴れた4月の朝。まだ見頃の桜。もし100パーセントの女の子に出会うとしたら、たぶんこんな日ではないかな。気分のよいスタートから一転、一日こき使われ、げっそりやつれて、PR誌をパラパラしながら帰る。「図書」4月号で斎藤真理…

3密

#職場フヅクエ昨日は、雪と桜のマリアージュを眺めながら(32年ぶりだそう)、こんな美しい光景をこれから何度見られるのだろうと思った。ウィルスと桜と雪がセットで記憶される春。 3連休明け。まだ寒さが残っている。在宅勤務できる職種ではないので、いつ…

記憶の放物線

コロナのせいで勤務シフトがわちゃわちゃなり、通常休みも返上せねばならなかったほどなのに、3月末で本年度の有給休暇の残りが全部チャラになるなんてあんまりじゃね?と訴えていたら、27日28日は有給使って休んでよろしいという運びになり(言ってみるもん…

ブルーハワイ

土曜は出勤なので三連休とはいかないけれども、昨日休みで明日また休みで気分があがる。 昨日は春分の日。快晴で暖かく、いかにもザ・春の祝日というのどかな一日だった。先週のホワイトデーには雪が降っていたのにね。布団を干し、ベランダに折りたたみ椅子…

再読

用事でたまたま近くにいるので食事でもと誘われ、友人Tと仕事終わりに落ち合う。餃子とビールがありさえすればゴキゲンのTと食べる際は、たいていチェーンの中華料理屋だ。メニューを睨みながら悩んだ末、ラー、チャー、餃のハーフセットを頼む。月曜日から…

次の本

コロナウィルス、というかコロナにまつわる諸々、特に子供の休校による勤務シフト崩壊が響く。退勤時は、20歳老けてる。一冊の本を読み終えて、さて次は何を読もうかなーというときが小確幸である。前の本が終って名残惜しく、しばらくパラパラいいところを…

夜の梅

コーヒーと昨夜の残りの桜餅の朝食。コロナウィルス騒動で職場は大混乱。もうほんとに誰にも何にも振り回されず、自分のペースで右のものを左、上のものを下へ動かしたり戻したりするだけの静かな日々を送りたい。休憩や仕事終わりに読みさしの本を開く時間…

おしゃべり

病欠した同僚の穴埋めのため先週の休日を返上していたので、今日はその代休。平日の休日は久しぶりで、うれしい。快晴の下、洗濯などして、だらだら過ごす。今週から読み始めたエリック・マコーマックの『雲』(東京創元社)を半分ぐらいまで。続きがすごい…

二月の十八日

新型ウィルスのせいですっかり影が薄くなったインフルエンザに罹った同僚2人が病欠。洗濯機の中に放り込まれたような忙しさで、引っかき回されたり、叩かれたり、絞られたりしながら、ひたすら昼休みを待ち望む。ようやく交代で休憩に入る。この時期はどうせ…

豚まん

快晴。風が冷たく、キーンとする寒さ。午後、関西旅行から戻ってきた友人と待ち合わせ。551の豚まんと焼売をもらう。明日の夕ごはんは焼売で決まり。コートを着て、マフラーに顔を半分埋めながら冬の公園を歩きまわるのが気持ちよかった。かばんの中には加藤…

おはよう

マックスの ”ハロー” を聞くのが好きだ。ルシア・ベルリンの「ソー・ロング」の冒頭の一文だが、冒頭からこれだから堪えられんな。私は、同僚のNさんの「おはよう」を聞くのが好きだ。一応先輩にあたるので、こちらは「おはようございます」と言うのだけれど…

パーカーのフード

カーテン越しに明るい日差しを感じる暖かい日。週日の蓄積した疲れが抜けきらず、日曜日は電池切れでぐったりして布団から出られない。怠け者だからそれはそれでいいのだが、動けるのに動かないというのと、動きたいけど動けないというのとは全然ちがう。動…

地図帳

昨日今日と、冬らしい寒さ。帰り、雨。仕事ますます忙しく、まためまいがぶり返さないかヒヤヒヤしている。夕ご飯は、冷蔵庫の余り物の野菜、きのこ、ちくわなどをどっさり入れて玉子を落とした鍋焼きうどん。時間がなくてめんどくさいときは、簡単であった…

ノルマ

平日休み。なにか自分の周囲が、『パラサイト 半地下の家族』を見てない奴は人間じゃねえみたいなムードになっているので、さっさとノルマを果たそうと思った。12時台から始まる回のを見ることにして早めに家を出てモーニングサービスを食べる。コーヒーとボ…

快晴

日曜日。霧が晴れるように一日一日少しずつめまいが治まってくる間、仕事に行くのがしんどかった。待ち焦がれた休日。朝起きると、雲ひとつない冬晴れの空。先週と全く同じ空に見える。でももう世界はぐるんぐるん回っていない。静止した世界はなんて素晴ら…

めまい

正月休み明けの月曜から土曜までみっちりと働き、ようやく12日13日連休だー!と11日の夜は解放感に浸っていたのだが、12日の朝目が覚めると、世界が激しくぐるんぐるん回っていた。疲れやストレスがたまると耳にきて、めまいがすることはこれまでにも時々あ…

2020円

仕事始め。今年は曜日の関係で正月休みがいつもよりちょっと長かった。長い休み明けがみっちり月曜日から始まるのがつらい。朝礼。ボスからお年玉をもらう。ポチ袋には、2020円。「どう?俺って気が利いた事するだろ?」と言わんばかりのボスのドヤ顔が鼻に…

2019年の10冊

毎年30日に仕事を納めてから帰省の準備をしながら今年読んだ本をあれこれ振り返るのが楽しいです。いろんな人が自分の好み全開で選んでいるリストを眺めるのもとても楽しい。でも、年末のベストのために、というかこれはベストに入るなとか考えながら日々の…

だまし絵

仕事関係の忘年会がすべて終わり、年賀状も珍しくちゃちゃっと済ませたので、気分的にゆったりしている。仕事は30日まであるが。帰り、パック詰めの寿司と、楽しみにしていた滝口悠生『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』を買う。うれしー。寿司と新…

dマガジン

12月に入り、仕事が忙しいのに加えて毎週末に忘年会があり、心が死んでる。早く家に帰りたいなあ、早く家に帰って、風呂に入って、こたつに足をつっこんで、あったかい飲み物を傍らに本の続きを読みたい。ビンゴゲームの数字を睨みながらずっとそんなことを…

よっちゃん

S社から職場に届いた請求書の封筒に、ぐりとぐらが丸太みたいなのにいい感じに並んで腰かけている切手が貼られていて、あ、よっちゃん、今月も元気なんだな、よかったと思った。そもそもS社に請求書係の人がいるのかどうかも知らないが、毎月届く封筒に貼ら…

噛みあわない会話と、ある過去

もう12月か。びっくり。 できれば家にいて、右のものを左、上のものを下へ動かしたり、また戻したりするだけの日々を送りたい。それには誰かの機嫌や健康状態、予定などを気にしなくていい、一人っきりの暮らしを手に入れればよかったのかもしれない。 「里…

アウター

雨。凍える寒さ。一気に冬支度。冬の第一印象はアウターで決まる!雑誌かなんかでチラッと見かけただけのフレーズがいつの間にか脳みそのヒダに入り込んでいる。そう、冬はアウターが大事。さらにストールを、時間がなかったのであわてて適当に巻きましたと…

謝肉祭

キーンと冷えた朝の空気のなかを駅へと急ぎながら最近よく思い出すのが、ルシア・ベルリンの「ティーンエイジ・パンク」だ。学校をドロップアウトした息子の友人と冬の早朝にツルを見に行く話で、ツルを見た後ふたりで寝そべって魔法瓶に詰めてきたコーヒー…

空気の缶詰

ずいぶん前のことだけど、富士山の空気の缶詰をお土産で貰ったことがあり、ここぞという時(どんな時だ?)に開けようととっていたのだがいつの間にかどこかにいってしまった。今は、それよりも、休日の前の夜の空気を缶詰にしてとっておきたいなと思う。ど…

日本晴れ

ここ数日、雲ひとつない気持ちの良い秋晴れが続いている。朝晩冷え込んできたが、季節の歩みが例年より1~2週間遅いように感じる。コスパ最強!秋の着まわしコーデもあまり着まわさないうちにすぐ寒くなるんだろう。コンセプトは「日本晴れ」というサッカー…

題字

はー、また月曜日。先週は雨の日が多かったので晴れているだけでまだマシな気分。昨夜、マイケル・オンダーチェ『戦下の淡き光』(作品社)を読み終えたばかりなので、ちょっと息抜きをしたくて、ぱらぱら読み返したい文庫本を2冊本棚から抜いてかばんに入れ…

ますます

いつも言っている気がするけど(何度でも言う)、最近本を読むのがますます楽しくてしかたがないです。何十年も読んでいても全然飽きなくて、こんなに楽しくていいのかなーと心配になるくらい。本というものを何か高尚なもの、知識を得るためのもの、格上の…

タータンチェック

慌ただしい週末だった。浴槽に水を溜めとけ!ケータイ充電しとけ!食料を確保しとけ!窓に養生テープを貼っとけ!ペーター・ハントケ!に振り回されてバタバタしていたら、台風が凄まじい威力であちこち傷めつけながら通り過ぎていった。しかも台風と地震の…

「~ほか」

なにかやっと、10月らしいスカッとした秋晴れ。昼休みATMに行ったついでにコンビニでコーヒーを買い、しばらくベンチでぼーっと過ごす。いい季節だなとしみじみしていたが、週末は台風が直撃っぽい。文章読本のたぐいを読んでいると「漢字を適度にひらがなに…