僕の好きな文庫本(5)

f:id:yomunel:20210415083041j:plain
太宰治『女生徒』角川文庫

カバー・安西水丸 解説・磯田光一小山清

太宰治に夢中になったのは、おそらく中学生のころで、黒い背表紙の新潮文庫をこつこつ集めては、読んでいった。もっと後になって、ちくま文庫の『太宰治全集』を揃えた。この角川文庫の『女生徒』は、女性の独白体形式による作品ばかりを選んで編集されたもので、好きな話が多く、よく読み返した。おじさんによる少女視点がキモい!などということは当時の自分は考えもしなかったのではないか。この文庫は、定期的に、カバーをリニューアルしながら売り続けられているが、たまたま買ったときに付いていたのが安西水丸バージョンだった。とてもいいカバー。
おやすみなさい。あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?