ビーフシチュー

晴れ。風は昨日より弱まったよう。ここのところずっと忙しく、やっと休みを取ることができた。昨夜、仕事の帰りに食料やおやつを仕入れてきたので、今日はもうどこにも出かけない。だらだらする時だけ、前向き&全力投球。

あれこれ雑誌散歩。「文藝春秋」芥川賞選評を読んでいると砂川文次「小隊」が受賞作だったっけという気がしてくる。
「群像」の第三の新人の小特集〈アンケート いま読みたい第三の新人作品〉。もうね、アンケート物にすこぶる弱くて困る。12名が回答しているのだが、吉行淳之介がダントツ人気。乗代雄介は小沼丹石田千遠藤周作を。
次は「新潮」の52人の「2020コロナ禍」日記リレー。いろんな媒体でコロナ禍日記バブルなのでやや食傷気味なのだけど、なんとなくずるずる読む。坂本龍一の箇条書きのそっけない日記、柳美里の日記は相変わらず長い。日記は出てくる固有名詞が楽しい。町田康はまだスズキエブリイに乗ってるんだ。今村夏子が娘と「しまむら」に行っている。今村夏子と「しまむら」の組み合わせにシビレる。でもどうせこれは嘘の日記なんでしょう?「文學界」2月号に掲載された今村夏子のエッセイに、前に書いたエッセイについて9割は創作だった、これまでに書いた日記は、ビーフシチューをまんべんなくしみ込ませて捨てたとあり、そのビーフシチューを含ませる描写の執拗さが今村夏子的でぞっとした。一番油断がならない書き手だと思う。しかし、誰の日記も事実だとは限らないが。

最近読んだ本。村田喜代子著『偏愛ムラタ美術館 展開編』(徳間書店)、穂村弘『あの人と短歌』(NHK出版)、森まゆみ『路上のポルトレ 憶いだす人びと』(羽鳥書店)、藤野千夜『じい散歩』(双葉社)。

卵を茹でたり、大根の下ごしらえをしてから、おでんを仕込み中。あとは味がしみるのをゆっくり待つだけ。楽しみ。